養子縁組

世の中には、子供を産んでも育てられない事情があったり、なんらかの事情で親がいない、とか、
とにかく親を探す子供や団体がいて、逆に子供が出来ないなどの理由で子供を探す大人もいる。
カップルで、養子縁組を希望する人もおおくなっているように感じます。
または、昔から多かったけど、知らなかっただけなのかもしれません。
養子を希望するひとは、年収とか、家庭環境、家の様子などを聞かれて、
オトコノコがいいか、オンナノ子がいいか、障害があっても大丈夫か、なども聞かれ、
それに見合った子が紹介されるのだそうです。
でも必ずしも希望鳥にはいかないとかで、しばらく一緒に過ごしてダメな場合もあるんだそうです。
それは、親になるべく人が「あの子は嫌」となることもあるそうです。

子供の方も、スk氏でも年齢がいくと親を選べるみたで、うまくいかない時もあるようです。
悲しいけど、しょうがないですねー。
映画「25年目のただいま」を見て涙もしました。
あれはインドからニュージーランドに養子縁組に言ってましたが、そういうのもあるんですね。
しかももう大きくなった子供ですし、言葉も分からず、教えるのも大変だっただろうなって思います。

映画、見てないですか?
いーい映画ですよ、是非見てくださいね!
デヴ・パ輝さんが出y手います。
あの「マリーゴールドホテルで会いましょう」の、あの俳優さんです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

  • Google
  • 今の仕事でお悩みのナースさんは<看護師の仕事>を見れば解決できるかも。無料の情報サイトなのでご一読あれ。
  • 認定看護師としてキャリアアップしたい方は<認定看護師の募集先の探し方>はチェックしてみましょう。募集先は無料で簡単に高待遇案件を見つけられますよ。
  • 看護師の方で中途採用の悩みをおもちの方は←のサイトをチェックしてみて下さい。

このブログ記事について

このページは、わかなが2020年9月 1日 17:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4000円で。」です。

次のブログ記事は「大きな声」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。