ジャーナリズム

ジャーナリストというのは本当にすごい、その人の顔などはあまり出てこないけど
調べまくって事実だけを記事にしていく、、、そのプロ根性ったら本当にすごいと思う。

アメリカの映画「スポットライト」を見て特にそう思いました。

実在する人たちのことなので特にでした。

早口で何言ってるかキコ取れないところもあったけど、それだけ緊迫してたってことなのかな。
(いえいえ、英語力がないんです)

ユダヤ系でカソリックに興味がない(?)上司が赴任してきて、
新聞の小さな記事に目をつけて「これを調べろ」ってなったのがきっかけ。

記者はほとんどが地元民でカソリックだったから一瞬躊躇するんだけど、
ここからがじゃなーリズムですよ、
これは明るみにしなくてはいけない!
ってんで記事を急ぐのです。

でも9.11などもあって、知腰遅くなってしまう。
でもやるんだね、記事にしたんです。
これが大変な反響で、つぎつぎにプリエストの悪事が明るみに出る。
今までも知らなかったわけじゃないけど、公にできなかった、しなかった、、、
でもこの5人のじゃなーリストたちはやるんです。
そういう映画です。
もし見てなかったら、実話ですよ、どうぞ見てください。
なかなか面白いです。何いってるか分からないけど・・・、。

このブログ記事について

このページは、わかなが2018年11月 1日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「半ズボン」です。

次のブログ記事は「よど号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。