2018年1月アーカイブ

先生に求められるもの

ヨガの先生に求められるものって何でしょう?
もちろんヨガの知識もありますが、コミュニケーション能力が必要なんですね。

いくらヨガの技術が高くても、「インストラクター」といわれる職業に就く以上は、
それを生徒たちにしっかりと伝えることができなければ、
指導者としては評価されないでしょう。

どうすれば、より生徒の理解が深まるのかをつねに考え、
」言葉の使い方から抑揚の付け方、目線の配り方など、
細かいところまで意識することが必要です。

自分が学ぶことと、伝えることを別物として考えて、
指導者としてのスキルを磨いていく努力も欠かせません。

なので一番大事なのはコミュニケーション。

これは生徒さんに、だけじゃなくて、いろいろな関わりでいえることだと思います。

ヨガのポーズがすごく出来る、だけでは務まらないですね。

(分かってますかーーー?先生ーーー?)

生き方が素敵な人に教わるとなんだかいい県警んが出来たなって思えます。
なので、そういうところを暖めていきましょう。
なんか変だ今日の文章。。

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。